「事件発生!」について、ちょっと、余談ですが・・・。

事件発生!」について
「アンビリ~バボ~」を観ていて
ふと、想い出したことなんですけど。

真夜中にこんばんは。(笑)

「kelly」さん、トラさんにて失礼いたします。

これは、数年前、座間市付近で実際に見たことです。

ある日の午後、車を運転していると、いきなり渋滞。
ピクリとも動かなくなった我が車線、が反対車線も
一台も来ず。
「こりゃ、事故でもあったかな?」と
ごく標準的な発想で、待つこと数分。
元々、待つのが嫌いな私は、前方を覗いてみると
約50メートル前方の反対車線に、一台の車が立ち往生。
がしかし、だ~れも助けにいかず、馬鹿みたいに
ただ待つ状態が、さらに数分。
まさに、「正常性バイアス」、「多数派同調バイアス」!
そこで、『仕方なく』車から降り、その車めがけ
走って行き、ドア越しに「押しましょうか?」と言うと
(注:なんと、その車、フロントガラスのみならず
ウィンドウ全て真っ黒、中は全然見えません。車体も真っ黒
『だから、みんな声をかけられなかったのだ。』)
ドアを少し開け、「お願いします。」と言ったように思えたので
後ろから車を押し始めると、後ろにいた車から
人が降りてきて「なんだ、だったら言えばいいじゃないか。」
と言いつつ、一緒に押し始め、車は簡単に側道へ。
後は、何事もなかったかのように車は流れ始めました。

これは、面白い心理が働いているな、と思いましたが
しかし、後で考えると、もしかしたらサクッとオツムにナイフがぁ~!
てなことには・・・ならないですね。(笑)
えっ、自慢話!ではなくて、別にカッコイイわけでもなく
ただ「kelly」さんと同じように、咄嗟に動いてしまう
者もいるし、むしろ、こういう場合
みなさんなら、どうするでしょうか?
あるいは、どうすべきなのでしょうか?

そんなに、おおげさに深刻に悩む問題ではありませんが
私はお節介な性格もあり、基本的にエンコしている場合
声をかけるようにしています。
なぜなら、以前助けられた事があり、本当に嬉しかったからですが。

要するに、物事をあまり深く考えずに咄嗟に行動してしまう
心理は「異常性バイアス?」(笑)・・・とは言いませんよね。

「kelly」さんの場合では、やはり逃げるべきかと。
『君子、危うきに・・・』とか、言いますし
それに、世の男性もまだまだ捨てたもんじゃぁ~ござんせん!
一人や二人カッチョいいのもいるはずです。
実は、これが言いたかっただけなんですがね。(←手は腰、仁王立ち)(笑)


しかし、車を側道に退けた後、自分の車に戻る時
また、50メートルを走ったのですが、
複雑な心境でした。
だって、自分の車の前の車がすでに発進し始めているのだから
(渋滞が解消されて)

それって、随分、随分でしょ~。
そりゃ、ないよなぁ~。ジャン、ジャン!(笑)


「kelly」さま、た、大変失礼致しました。(笑)










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 真夜中のRADIO

    Excerpt: 「「事件発生!」について、ちょっと、余談ですが・・・。」について Weblog: Kelly@WebryBlog racked: 2004-11-08 15:16